街から探す不動産探し 街なび

しずなび総合TOP > 街なびTOP > 志榛・中東遠 街なび >  コラム 島田市 特集 > 静岡の有名ご当地ドリンクメーカー「木村飲料」

無題ドキュメント

志榛・中東遠はこんなところなび!志榛・中東遠はこんなところなび!

静岡の有名ご当地ドリンクメーカー「木村飲料」

静岡県島田市にある「木村飲料」。ごくごく普通の社名を持つドリンクメーカーは、じつは、知る人ぞ知る、有名な飲料メーカーなのだ。とにかく、ラインアップの多くが個性的。意外性のある食材と炭酸飲料をドッキングさせたドリンク商品の一部を紹介したい。

摩訶不思議な飲みものを世に送り続ける「木村飲料」

静岡県民、特に中東遠エリア出身の人なら、ラムネなどの炭酸飲料を得意とするドリンクメーカー「木村飲料」をご存じだろう。社名にピンと来なくとも、「お茶らむね」や「激辛カレーラムネ」「辛口わさびらむね」といった商品名のほうには聞き覚えがあるかもしれない。
木村飲料の飲みものは、その多くが“ユニーク”の一言に尽きる。ラベルを見て「!?」、飲んで「!!」というような、ほかの飲料品にはない奇想天外な驚きが付加されているのだ。

「お茶らむね」は、静岡の名産品であるお茶とラムネをコラボレートさせた一品。お茶を炭酸飲料にすることは、最近、大手メーカーでも始めたことだが、木村飲料では以前からあった。お茶の風味とラムネの清涼感が思いのほかマッチ、強い人気を保っている。
「激辛カレーラムネ」は、名前のとおり、カレーのスパイシーさがウリのドリンク。香辛料を強めているとのことで、これが予想以上に辛い! 「お子様や辛さが苦手な方はご注意下さい」の説明書きどおり、ちょっぴり刺激的な飲みものだ。
「辛口わさびらむね」も、これまた静岡の名産品のワサビを効かせた、珍しいテイスト。こちらも本格的なワサビ風味なので、飲むときはある程度の心構えをもってして、が正解かもしれない。

木村飲料

木村飲料のドリンクは、おもしろさだけでなく、味もお墨付き!

「飲料に楽しさを!」がモットーで、“キワモノ”のおもしろさが先に立つ木村飲料のドリンクだが、味にもこだわっている。“食品のオリンピック”といわれる世界的コンクール「モンドセレクション」でも、木村飲料の商品はいくつも選ばれているのだ。
高級フルーツであるマスクメロンのゴージャスさを追求した「静岡マスクメロンサイダー」は、静岡県温室農業協同組合静南支所のアローマメロンの果汁を使用。贅沢感いっぱいのテイストが栄誉に輝いた。
木村飲料は、“おもしろドリンク”でもモンドセレクションの金賞を受賞している。「しずおかコーラ」は ネーミングだけだと「よくあるご当地ものか」と思える普通っぽい飲料なのだが、静岡のお茶が原料となっているというから驚く。その誕生秘話は、社長が、自分の子どもが和食のときにも茶褐色のコーラを合わせるのを変えたいと思ったことにあるとか。日本の食事にもマッチする木村飲料肝いりのコーラは、2011(平成23)年には夏期3ヵ月で50万本を売り上げる大ヒット商品に。モンドセレクションの受賞も、誰もが納得だ。
ほか、木村飲料の“お家芸”でもあるラムネ「元祖ビー玉ラムネ」や、富士山のおいしい水を持ち味そのままに詰めた「富士山萬年水」など、モンドセレクション金賞を獲得した商品はまだまだ多数。

木村飲料

セミオーダー形式の、オリジナルラベルのドリンク製造も可能

商品づくりにかける木村飲料の情熱と湧き出るアイデアはとどまるところを知らず、2012(平成24)年の夏も、説明不要のギャグセンス満載の「あした葉のジョー・コーラ」や、あのわさび漬けの老舗である田丸屋本店とタッグを組んだ「WASABIジンジャーエール」など、一筋縄ではいかないドリンクが続々登場。ほか、焼き芋の味をサイダーにした「芋サイダー 伊三郎」もある。

このおもしろさで多くの人を驚かせたいなら、木村飲料にオリジナルラベルのドリンク製造をオーダーするのも一興だ。ラベルは自分で考えたものを持ち込んでもよいし、木村飲料のデザイナーに依頼してもよい。それが木村飲料の飲みものの入ったボトルにペタリと貼られ、製品化される。
100ケースから用意してもらえるので、結婚式の引き出物やなにかのノベルティーなどに、楽しいラベルを付けたドリンクを作るのもよさそうだ。詳しいことは、木村飲料のウェブサイトに掲載されているので、気になる人は、ぜひともチェックを。

木村飲料

このところ大注目の『GO GO THEサイダーマン』って?

ドリンク関連でなにかと新しい話題を静岡に提供し続けている木村飲料が、2012(平成24)年7月、ついに音楽の分野にまで進出した。
『GO GO THEサイダーマン』と名付けられたCDの販売が、それだ。『GO GO THEサイダーマン』は静岡県FM局「K-MIX」とのコラボレーション作品で、赤いマスクが目印の“サイダーのヒーロー”「サイダーマン」をフィーチャーした楽曲。全国の“地ビール”ならぬ“地サイダー”の販売を盛り上げたいという思いから誕生した応援歌なのだ。
歌っているのは「木村英史とTHE(地)サイダーズ」。「THE(地)サイダーズ」は、往年のグループサウンズファンならピンと来る、某人気グループのもじりのユニット。そして「木村英史」は、なんと木村飲料の3代目社長だ。
すでにK-MIX本社前でのCD販売会も敢行、携帯電話でダウンロードできる「無料着うた」も配信中。この夏は『GO GO THEサイダーマン』から目が離せない!

島田市のおすすめ不動産情報

島田市のおすすめ不動産情報

売買物件
読み込み中読み込み中...
賃貸物件
読み込み中読み込み中...

住みたい街を静岡県から探してみよう!

静岡の不動産会社『静岡セキスイハイム不動産』が提供する不動産・住宅情報総合サイト【しずなび】。新築・中古のマンション、一戸建て、土地、賃貸、売却住みかえ相談など、あらゆるご要望におこたえします。静岡県の不動産・住宅情報なら、【しずなび】におまかせ。

静岡セキスイハイム不動産運営。静岡県の不動産・住宅情報総合サイト【しずなび】