街から探す不動産探し 街なび

しずなび総合TOP > 街なびTOP > 静岡市 街なび >  コラム 特集 > まちぐるみで築いてきた“サッカー王国・清水”

無題ドキュメント

浜松はこんなところなび!静岡市はこんなところなび!

まちぐるみで築いてきた“サッカー王国・清水”

サッカーが盛んな静岡県。県内にサッカーで名を馳せるまちはいくつもあるが、静岡市清水区、旧清水市を“サッカー王国”として認識している人は、静岡市外にも多い。それは、Jリーグ所属のサッカークラブ・清水エスパルスの知名度や、日本でも珍しいサッカー施設の存在が大きいといえるだろう。

“サッカー王国・清水”の礎(いしずえ)となった歴史の数々

(名称不明)

あちこちの市町村でサッカー熱は熱いが、“サッカー王国”の称号がひときわ合うのは、Jリーグ球団も擁する静岡市清水区、旧・清水市ではないだろうか。“サッカーの盛んなまち”を自認してきた旧・清水市は、1991(平成3)年には「スポーツ健康都市宣言」を提唱。まちぐるみでサッカーを盛り上げ続けてきた。

静岡県サッカー協会によると、静岡県のサッカーの歴史は1919(大正8)年、「静岡県静岡師範学校」の蹴球部創設がきっかけであるとしている。この師範学校の蹴球部から出た小花不二夫氏は、静岡県内の複数の中学校にサッカー部を設立。サッカーの普及に努め、1925(大正14)年には第一回近県中等学校大会の開催を実現させた。旧清水市内からは現在の「静岡県立清水東高等学校」が出場している。

第二次大戦後の1948(昭和23)年、清水サッカー連盟(現在の清水サッカー協会)が発足。その後、市内の小学校には次々にサッカーチームが誕生したが、しばらくは清水の少年サッカーチームに特筆するレベルの活躍はなかった。しかし1967(昭和42)年、全国初の小学生リーグが清水で結成。同時に、こちらも国内初となる指導者育成の学校「コーチング・スクール」が誕生し、子どもたちだけでなく保護者の年代層も巻き込み、清水のサッカー熱は高まっていった。

これらと同じ年、日本一のチームを目指して「静岡市立清水江尻小学校」「静岡市立清水入江小学校」「静岡市立清水庵原小学校」の生徒から選抜した「オール清水」が結成。地方都市のサッカーチームながら、いくつもの海外遠征を果たしたこの「オール清水」こそ、全国的に名を轟かせるプロサッカークラブ「清水エスパルス」の前身だ。

清水エスパルスを支える市民の熱意と、ホーム“アウスタ”の魅力

アウトソーシングスタジアム日本平

Jリーグ誕生当時から加盟するサッカークラブの呼称、「オリジナル10」。「清水エスパルス」も、このオリジナル10の一つだ。クライアントを企業としない、市民参加型のクラブは、オリジナル10では「清水エスパルス」のみ。サッカーに捧げる旧清水市民たちの情熱の大きさが伺える。

現在でも清水の人々はサッカーを愛してやまない。Jリーグが発表した『2010年:観戦者調査報告』内のアンケートでは、観戦歴が最も古いチームサポーターの1位に輝いた。Jリーグ発足当時からクラブがあるため、ほかのチームより有利ではあるが、スタジアムへ観戦するときに友人を誘う率、友人から誘われる率のどちらとも「清水エスパルス」のサポーターが首位を占めているところを見ると、やはり地元民の情熱が「清水エスパルス」を支えていると言えるだろう。

明るいオレンジ色のユニホームに身を包んだサポーターがホームゲームを観に足を運ぶのは、2009(平成21)年から「アウトソーシングスタジアム日本平」、2013(平成25)年3月からは「IAIスタジアム日本平」と名を変えた「清水日本平運動公園球技場」。収容人員は20,299人。サッカースタジアムには珍しい“二層式”の建物で、ゴール裏からでもプレーが見やすいと評判のスタジアムだ。メインスタンドから富士山が見える開放感に加え、 「フジヤマバーガー」「清水まぐろ勝つ丼」「鮪のカブト飯」などのスタジアムグルメが充実していることから、他チームのサポーターからの人気も高い。

清水エリアに展開される施設に見る、サッカーの影響

エスパルスドリームプラザ

“清水のサッカー”にゆかりのある施設は、ほかにもある。例えば「清水ナショナルトレーニングセンター」。地域の人々には、愛称「J-STEP(ジェイ-ステップ)」で親しまれている。

国内2番目のサッカーのナショナルトレーニングセンター「J-STEP」は、天然芝のサッカーグラウンドや、人工芝のフットサルコートのほか、体育館、クアプール、ウエイトリフティングの専用練習場や宿泊施設・研修施設を完備。サッカー日本代表チーム、プロサッカークラブ、青少年のサッカー部をはじめとする各種スポーツチームの合宿や、指導者たちの研修にも利用されている。

スポーツとは直接関係のない施設にも、サッカーの影響が見られる。観覧車がシンボルの複合商業施設「エスパルスドリームプラザ」などはその一つ。通称は“ドリプラ”。かつての国鉄「清水港」駅跡にできたショッピングブラザで、海のすぐそばにある。プレミアムなサッカーグッズを販売するショップはもちろん、室内型フットサルコート「エスパルスプラザコート」まであるのは、“サッカー王国”の清水らしいところかも。

世にも珍しい、すしのミュージアム「清水すし横丁」や、清水が舞台の漫画『ちびまる子ちゃん』の世界観を楽しめる「ちびまる子ちゃんランド」など、サッカーの行き帰りにでも楽しみたい施設が多いのも魅力的だ。

エスパルス+サンバの楽しい観戦

「清水エスパルス」と世界有数の“サッカー王国”であるブラジルには意外なつながりがある。何度も遠征を行い、交流が深かったためか、あるいは発足当時から数代の監督がブラジル人であり、選手にもブラジル人が多かったせいか、清水エスパルスの応援には「サンバ」がフィーチャーされている。

サンバ隊と呼ばれる応援団は、現地のサンバでも使われる楽器「タンボリン」「カイシャ」などを打ち鳴らし、選手の士気およびサポーターの団結を盛り上げる。以前は同じくサンバを応援に使うチームサポーターもあったが、現在も続けているのは「清水エスパルス」のサポーターだけ。いまやサンバは「清水エスパルス」の応援の代名詞にもなっている。「清水エスパルス」のサポーター席で、思い切ってサンバの流れに身を投じてみてはいかがだろうか。

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

静岡市エリアのおすすめ不動産情報

静岡市エリアのおすすめ不動産情報

売買物件
読み込み中読み込み中...
賃貸物件
読み込み中読み込み中...

住みたい街を静岡県から探してみよう!

静岡の不動産会社『静岡セキスイハイム不動産』が提供する不動産・住宅情報総合サイト【しずなび】。新築・中古のマンション、一戸建て、土地、賃貸、売却住みかえ相談など、あらゆるご要望におこたえします。静岡県の不動産・住宅情報なら、【しずなび】におまかせ。

静岡セキスイハイム不動産運営。静岡県の不動産・住宅情報総合サイト【しずなび】